代表者挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加

SGTの理念




代表者メッセージ

野球専門・家庭教師 代表の一ノ瀬 賢一郎(イチノセ ケンイチロウ)です。

5歳の頃より「花畑ブルージェイズ」でソフトボールを始め、北京五輪金メダリストの上野由岐子投手と同じユニフォームに袖を通し練習に明け暮れていました。

中学時代は元西鉄ライオンズ高倉照幸監督の「福岡南リトルシニア」で本格的に硬式野球に打ち込み、多くのライバル、チームメイト達と切磋琢磨し中学3年の春には全国選抜大会に出場を果たしました。

高校はプロ野球選手を輩出している大分県の名門「柳ヶ浦高校」へ進学、ここでも素晴らしい指導者、先輩、同志に巡り合い、最後の夏には甲子園の舞台に立つことができました。

青森県の「八戸大学」に進学、入学当初から即戦力として期待されていましたが、高校時代の肩の手術に続き肘を故障してしまい、究極の目標だったプロ野球選手への夢を閉ざしてしまう事となりました。

家業である大工の道へ進む傍ら、休みの日はOBとして「福岡南リトルシニア」でコーチを務めていましたが、後輩たちの野球に対するひたむきさに心を打たれ、一度は歩みを止めた野球に対する想いを強め、2年後にはタレントの森口博子氏が総監督を務める「福岡ブラッサムズ」のセレクションを受験、これに合格し入団を果たしました。

残念ながらチームが1年で解散、現在は「福岡南リトルシニア」の監督を務めつつ、ずっと心に秘めていた「野球の家庭教師」の旗を本格的に掲げて日夜野球人生を邁進しています。


一ノ瀬賢一郎のPROFILE

中学時代は、MAX140KM/hの剛球と切れ味鋭いスライダーを武器に三振の山を築き上げ、打者としても豪快なスイングでスタンドに叩き込むなど投打でチームを引っ張って全国大会への切符を掴み取る。

高校時代は、 1年時からクリーンアップの一翼を担い通算35本塁打を記録、3年夏には4番打者として念願の甲子園へ出場を果たした。
チームは初戦で敗れたものの、一ノ瀬本人は、現日本ハム(2010パ・リーグ新人王)榊原投手から3安打を放つ活躍を見せる。

Youtube 3 コマ


会社概要

会 社 名 SGT ホームグラウンド
設    立

2009 年1月

所 在 地 〒811-1365
福岡県福岡市南区皿山2丁目6−42
PHONE 092-555-6826
事業内容

野球の家庭教師・個人指導
スポーツ整骨
ボディケア
メンタルケア
野球用品・中古販売・買取り